尾身会長 宣言解除が沸騰中!感染者数は減りましたが?画像や動画は?気になるネットの反応は?

尾身会長 宣言解除がネット上で話題になっています。

目次



尾身会長 宣言解除の概要は?感染者数は減りましたが?

尾身会長 宣言解除のニュースが次のように報道されています。

感染者数は減りましたが、病床使用率は69.6%、重症病床で70.4%と、医療提供体制は非常に厳しい状態が続いています。

 26日の東京都の新規感染者数は、先週木曜日より830人減少しました。重症者は、前の日より1人少ない276人です。

 感染者数は減りましたが、病床使用率は69.6%、重症病床で70.4%と、医療提供体制は非常に厳しい状態が続いています。

 国立国際医療研究センター・大曲貴夫医師:「検査を迅速に受けられないことにより、さらに多数の感染者が潜在している可能性」

 来月12日が期限となっている「緊急事態宣言」について26日、政府分科会の尾身茂会長は、宣言解除には医療体制の改善が大切だとの考えを改めて示しました。

 新型コロナ対策分科会・尾身茂会長:「一番大事なことは、(来月)12日に何が何でも解除するとか延長するとか、最初に結論があるというよりは、今一番大事なことは医療の逼迫(ひっぱく)だ」

 26日は、大阪府や愛知、岐阜、三重の東海3県を含む8つの府と県で、感染者数が過去最多を更新しています。

(「グッド!モーニング」2021年8月27日放送分より)

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/



尾身会長 宣言解除が沸騰中!画像や動画は?

これが今回の尾身会長 宣言解除に関しての画像や動画です。

尾身会長 宣言解除の動画をどうぞ。

尾身会長“宣言解除”に改めて「最初に結論より…」



尾身会長 宣言解除のネットの反応は?Part1


今回尾身会長 宣言解除のネットの反応がかなり多かったので、
2つに分けました。

宣言解除の日付をある程度決めるのは仕方ないとして、その解除日までに、この国の政府は一体どんな対策を講じてきたのか?

医療従事者の確保もほとんどしない
病状の確保も出来ない
かと思えば、オリンピック、パラリンピックには医療従事者を当てる。

約二年間、放置状態を続け、挙げ句一般国民には『自宅療養』って名の見殺し状態。

とても現代日本で起こっているとは思えない惨状です。

最初から解除に必要な要素は医療体制の改善なんてことは分かりきってたのに、4回目の宣言でしかもコロナ禍になって2年に迫ろうという時になってもっともらしい事言ったって遅すぎるよ。
今更言うな!っていうのが正直な感想。

>宣言解除には医療体制の改善が大切だとの考えを改めて示しました。

これまで人流の減少、自粛ばかりを主張していながら、今頃になってこれですか。国民への要請に限界を感じてのことだと思いますが、宣言を繰り返せばそうなることは分かっていたはず。なぜもっと早く、少なくとも第3波あたりから医療体制の改善にシフトしなかったのか。その辺りの反省の声はまるで聞こえてきません。結局、波がある程度収束した時点で、専門家としての提言と対策を総括してこなかった、同じことを繰り返してきたことが今の医療崩壊の危機があるのです。これはもう、政府はもちろん、専門家による人災です。

2年近く時間あって寝言言ってるんですか?
国民に制限かけたり自粛促すより先に医療体制を何とかすべき。今まで何もしてこなかった都、分科会、医師会。特措法で知事は医療機関が不足し医療の提供にし支障がある時は臨時の医療施設を作って医療を提供しなければならないとある。それをしてこなかった小池さんの人災でもある。抜本的対策を何一つせず度々緊急事態宣言を国に要請し経済壊してきただけ。現状9割自宅療養で新型インフル原則入院の運用出来ないのなら意味はない。使ったのは外出制限だけ。5類に落とし医療費無料とすればよい。この有事に町医者も協力すべき。対策費も出ているはず。感染者数は上がってますが死者数は激減。ワクチン打ってる間は感染者数は減らない。どこかで区切りを付けないと経済、根本的生活が破綻します。コロナだけ特別視する意味もエボラ同等に扱う意味もない。尾身さん対策費65億貰ってますがコロナ受入れてますか?

新型コロナ医療崩壊の原因は開業医の不作為だ
大崎 明子:東洋経済 解説部コラムニスト

尾身会長は上記コラムに厳しく批判されている医療業界の悪をクローズアップさせて解決に乗り出さねば、政府の批判をしても天に唾を吐くようなものだ。コロナ医療崩壊だけでなく、医療費増大の国民的問題は政治の問題以上に医師会に問題があることを取り上げて徹底的な改善方策を提言してもらいたい。

緊急事態宣言は効果が薄れているという割には人々の行動制限ばかり促すという感じにしか
受け取れなくなっています。
もう医療の側の問題点を炙り出しひとつひとつ変えていくしかないんじゃないの?

今まで何故要求すらしてなかったのかはとりあえずおいておいて、医療拡充を実行するには何が必要で、何が足りないのかを具体案に提示して政府・自治体と協力して進めていくのが、今医療側の専門家でありトップに一番求められていることではないのか?
医療拡充に当たって、医療側の要求に政府・自治体が非協力的ならば、それを指摘して国民の前で改めて要請したらいい。
バッハ会長来日に対して感情的に語るよりやることはあるはずだ。

「医療のひっ迫だ。」、、、で?
またいつもの国民へのお願いですか?
1年半できてない医療改革に手をつけますか?
第5波がピークアウトしても第6波がくると予想されてますよ。今度は冬ですよ。イスラエルや先行海外の事例からするとワクチンの効果が6か月程度で切れる可能性がありますよ。今医療体制なんとかしないと年末年始超えられないかもしれませんよ。

正直、緊急事態宣言下なのか、解除されているのかそこまで意識して生活してない。
解除されたとしても出かけないし、感染対策は変わらない…。

そんなことより、オンライン化が進まない学業等に関して学校単位に任せないで何とかしてあげて欲しい…。保護者や先生方、生徒の負担が増えるばかりですよね。
メディアと協力してテレビで授業放送とか出来ないのかな? タブレット配布されているんだから教科書が共通じゃ無くても出来そうですよね…
自宅学習が難しい場合のみ通学して、人流を抑えるじゃ駄目でしょうか?
色々課題はあるんでしょうが100%で始めようとするから、ずっと始まらない…

政府はもちろん無策ではあったが、この尾身とかいうオッサンも大概ではある。
予測も当たらない、医療体制の提案も出来ない、行動抑制だけ求めて効果を提示しない…
「専門家」ならエビデンスに基づいた話をされるべきでは?



尾身会長 宣言解除のネットの反応は?Part2

自宅療養者が10万人以上いることを考えれば、あと2週間でベッド使用率、医療体制崩壊は急激に改善することはないだろう。菅の言うこれらの指数の良化は絶望的。ということは宣言解除も状況的には絶望的。ただ、今までの菅の姿勢で、わずかな有利な数値を探し説得力ない屁理屈作り上げ強引に解除してしまう可能性はあるだろうけど。

ならば医療ひっ迫改善に向けて何を提案し、何が問題で何が実現しそうなのかを同時に明らかにしてはどうかと思う。
そうすれば耳を傾ける人が増えますよ。

尾身会長・いつも、政府方針に異を唱え、結果として、テレビワイドショーを煽りハイジャックし、国民を混乱させ、政府メッセージを遮り政府措置の浸透を妨害している。
「12日解除の結論ありきより、医療逼迫の解消が大事」と言うなら、医療がどういう状態になれば解除できるのかを、分科会で良く詰めて分科会の総意として数日中に先手を打って政府に数値的に提言して貰いたい。尾身氏を始め分科会メンバーが個人的に数値的根拠を示すことなく感覚的に好き勝手言って、テレビワイドショーを煽り、国民を混乱させている。尾身氏は、分科会長であるから、個人的発言は控え、分科会の総意としての発言にすべきである。

首相は,最後の「緊急事態宣言」と言っていたのが,延長続けていては,社会が成立しない。宣言解除になっても,そんなに変わらない行動をとると思うので,ここは,解除すべきだと思う。そして,協力してほしいことを国民に述べる方がいいと思う。とにかく,意味の薄い「緊急事態宣言」は,解除してほしい。

専門家だけ、永遠に自粛していれば良い。
仕事もリモートで、ずっと家にいたらどうか。

尾身さんも、バッハ来日を批判しながら、結構移動している。
リモートでいいんじゃないの?
そんな仕事ばかり。

専門家は、全ての仕事をリモートにすべき。
まずは、自ら範を示す。

正直もういい加減にしてほしい。
唯々延長ありきで何の方法や新たな指南無しに感染者が中々減らない状況はわかるが飲食は当然だが、一般の中小企業はこの延長等でマジで倒産する会社は沢山出るよ。
もう2か月非常事態宣言が続いているが、それを街中で外出している人によくインタビューしている映像を見るが、その人ら自身が外出し買い物し、あげくにインタビューまで受けている状況なんだよね。
甚だ可笑しな環境でしょ。受けた方々に文句は無いが、{人出が増えてますよね}とか、{外出をもっと減らさないと…}とか…
いやいや貴方たちが既にその中に居るんでしょ? それで取材局もスルーしていてそれについて追及無しで報道だけはあり得ないよね。
簡単に延長とか、零細企業に問ってはマジで存続させる為の力を失ってしまうよ。
ならば零細企業に助ける給付金を出さないと。
日本はこのままでは終わってしまうよ。

本来分科会の役割ってのは医療っていうたった一分野において政府に助言する立場でしかない
政府は医療や経済など総合的に判断して政策を決断する立場だ
その大事な決断を全部分科会に丸投げしてきた結果分科会は完全に増長して自分たちこそ国民に君臨する立場と勘違いしてしまった
尾身が実際にやってることと言えばマスコミ集めて国民に説教ばかり
この一年余りずっとそうだった
のぼせ上がるのも大概にしろ

尾身会長が、最近になって、医療体制に重点を置くという発言してビックリ!
それ、せめて1月中旬の第三波の東京都の医療崩壊1回目直後にその認識必要だったでしょう。
当然、「現在の入院治療必要な人」と「コロナ病床」の対比で、医療逼迫度、危険度をみる必要があるでしょうが。
ところが、それを見ようとすると、病床使用率が100%超えないように自宅療養という見殺し状態にしている。
行政は嘘ついているが、尾身会長も自宅療養の問題提起しているのか?
また、
東京都のモリタリング会議資料には、コロナ病床6,000床とうたいながら、入院患者数4,000人なのに、空いてる筈なのに、入院出来ないってどういうこと???
誰がどこでなんのために嘘をついているのか?
もちろん国民一人一人も真剣に新型コロナウイルスに向き合わないことが、感染爆発を引き起こしている。

政府と分科会が考えにズレが生じてるのは前々からだけど、どっちも間違ってない?。東京で重症者数が300人位だけど、その数字が大きいか小さいかは別として、例えばインドでデルタ株が猛威を振るてるのを見て、もし日本にウイルスが入ってしまい感染者が出てしまったら最悪どの程度病床を整えておかないといけないとか考えたんだろうけど甘かったとしか言えないし、ここまで対策が後手後手で病床数の確保も出来ない国が未だに先進国で世界トップクラスだと思い込んでるのだろうか?。そもそも何で9月12日までなのか多くの人が疑問に思ってたと思う。一都三県は今年の3/4は何かしらの制限が掛かってるのに減らないのにオリンピック前に一時的に解除してみたり、また宣言出して根拠も無い区切りを付けて、再延長の繰り返しされてれば言うことも聞かなくなりますよ

医療体制の改善として要望があります。

訪問看護ステーションや訪問医は、高齢者の介護を受ける人の為に今現在は、規定されてます。

都に一箇所訪問看護ステーションで自宅療養中の患者を診られるところがありますが、
関東は逼迫度合いが高いので、訪問看護ステーションの看護士さんや医師が新規感染者になり入院待機を強いられてる人のところへすぐに向かっていただき、抗体カクテルの静注とかお願いできませんか?

そうすることで、今、軽症中等症重症化してる人のベッドもだんだん空いてくるので、救急搬送できない新規コロナ感染者が減ります。

そうすると救急搬送の逼迫も落ち着き、怪我や他の病気の人も、病院へ搬送しやすくなると考えます。

ぜひ、デルタ株に合わせて医療体制を改善できるように要望します。

なお酸素ステーションも利用者が少ないので、こちらも中等症の改善がみられた人の場所にするとかにした方がよいと思います



尾身会長 宣言解除おわりに

今回は尾身会長 宣言解除に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の尾身会長 宣言解除は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回尾身会長 宣言解除について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。



尾身会長 宣言解除の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

尾身会長 宣言解除の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

サイトマップはこちら!!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる