ニューヨーク 豪雨被害が沸騰中!画像や動画は?気になるネットの反応は?

ニューヨーク 豪雨被害がネット上で話題になっています。

目次



ニューヨーク 豪雨被害の概要は?

ニューヨーク 豪雨被害のニュースが次のように報道されています。

 ハリケーンの影響で、ニューヨークなどアメリカ北東部に大きな被害が出ています。街には濁流が流れ込み、犠牲者はこれまでに少なくとも50人に上っています。

 ワシントン・ポスト(2日):「200年から500年に一度の大雨だ」

 豪雨により、いたる所で洪水が発生。さらには、竜巻が発生した地域も。ハリケーン「アイダ」が熱帯低気圧となって北上した影響で、アメリカ北東部は記録的な大雨に見舞われ、死者は少なくとも50人に上っています。

 ニューヨーク州では、犠牲者の多くが経済的に苦しく、建物の地下で暮らす住民でした。鉄砲水で窓や壁が破られ、短時間で部屋に水が流れ込み、避難できなかったとみられています。

 住宅が浸水した住民:「30分ぐらいで車が全部、浮き上がっていた」

 また、隣のニュージャージー州では、死者の多くが浸水した車の中で見つかっています。

 被害が拡大したことを受け、バイデン大統領は3日、ルイジアナ州の被災地を視察しました。

 バイデン大統領:「私たちは、たった今・・・地上での出来事を目にしたところです。住宅に何が起きているのかを」

 数百年レベルの大雨が今後は頻発するとし、災害に備えたインフラ整備に取り組む考えを強調しました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/



ニューヨーク 豪雨被害が沸騰中!画像や動画は?

これが今回のニューヨーク 豪雨被害に関しての画像や動画です。

ニューヨーク 豪雨被害の動画をどうぞ。



ニューヨーク 豪雨被害のネットの反応は?

今回ネットにニューヨーク 豪雨被害の情報が上がってから、すぐブログを書いたので、
まだネットの意見は出ていませんが、
動画の再生回数も多いので、ニューヨーク 豪雨被害は間違いなく話題沸騰しています。

ネットの声が上がってきたら追記します。
申し訳ございません。



ニューヨーク 豪雨被害おわりに

今回はニューヨーク 豪雨被害に関して取り上げました。

動画の再生数も多いので、
今回のニューヨーク 豪雨被害は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回ニューヨーク 豪雨被害について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。



ニューヨーク 豪雨被害の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

ニューヨーク 豪雨被害の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

サイトマップはこちら!!



ニューヨーク 豪雨被害のおまけ1

個人的に概要をまとめてみました。

ハリケーンは、ニューヨークを含む米国北東部に甚大な被害をもたらしました。泥だらけの小川が街に流れ込み、これまでに少なくとも50人が死亡しました。ワシントンポスト(2回目):「200年から500年に1回の大雨」大雨により洪水が各地で発生した。さらに、竜巻が発生した地域もあります。米国北東部は記録的な大雨に見舞われ、ハリケーン「アイーダ」が熱帯低気圧として北上した結果、少なくとも50人が死亡しました。ニューヨークでは、犠牲者の多くが経済的に困窮し、建物の地下室に住んでいました。鉄砲水が窓や壁を壊し、短時間で部屋に水が流れ込み、避難が妨げられたと考えられています。家が浸水した住民:「すべての車が約30分で浮かんでいた」。隣接するニュージャージー州では、浸水した車の中で多くの死者が発見されました。被害の拡大に対応して、バイデン大統領は3日、ルイジアナ州の被災地を訪問した。バイデン大統領:「私たちは地上で何が起こっているのかを見たばかりです。私たちの家で何が起こっているのですか?」彼はインフラストラクチャ開発に取り組むという考えを強調しました。



ニューヨーク 豪雨被害のおまけ2

子犬にとっては、甘やかしすぎず、人間社会に適応するよう確実に体得させることが、極めて大事です。とことん飼い犬をしつけるようにしてください。
まず威厳をもつよう、しつけたら、トイプードルは自分の上に立つオーナーの言うことを必ず守る、というふうに繋がるでしょう。
ポメラニアンについては、しつけの中で主人との信頼関係を深めていくことを喜んで行う生き物なので、子犬であってもいろいろとしつけてみることをお勧めします。
散歩デビューに関しては、子犬に必要なワクチンが済むのを待ってした方が良いと考えます。しつけが完全でなければ、愛犬との暮らしが悲しいですが、重荷になってしまうでしょう。
リーダーウォークとは、犬の散歩に関するしつけ手法ではありません。ペットと主人との上位を決める駆け引きだと思います。よって、意識しすぎては良い結果が出ません。

できたらポメラニアンのおもらしをしっかりとしつける必要があります。ポメラニアンなんかは、とても興奮したり、喜んだりすると、おもらしするケースだってあると聞きます。
子犬が人を噛んでくれるタイミングというのは、「噛むべきではない」というしつけを実践する好機ですよ。噛まないんであれば、「噛むのはダメ」というのをしつけることが不可能です。
吠える犬のしつけ方に限定せず、いろんなしつけに共通していえるのですが、犬に何らかを教えたり褒める場合は、賞賛してくれる相手次第で、その効果は相当違ってくると聞きます。
弱気な犬は、大概無駄吠えすることが多めになるらしいです。その原因は、一種の警戒をしていたり、恐れに対する一種のパニックらしいです。
噛む犬というのは、100パーセント近く体罰を与えるしつけや奔放にさせてしまったための主従の逆転が原因であると考えられます。みなさんは、甘噛みした犬をそのままにしていたかもしれませんね。

散歩に関するしつけトラブルは、おおよそ2つですが、それらは、実際「主従関係が誤っている」といったことに強く関わっているようです。
犬の噛む行為が愛情の現れでも、ペット犬として生活するのならば、噛むという行為は人に危害を加えかねないので、飼い主はしっかりとしつけていかないとならないでしょう。
トイレ訓練のしつけでペットに何度かご褒美を与える行為をしたら、主人の褒めてあげたいという姿勢が愛犬に受け入れられているのか、どうかという点を一度確かめましょう。
しっかりとしつけしていないと、自宅の中ではやたらに吠えないけれども、他人の家に入った途端に、無駄吠えが再度始まってしまうという事態もあるでしょう。
基本的に、怒るよりも褒める行為が、ポメラニアンのしつけ法として一層の効果或るんです。しかも大袈裟に賛辞の言葉をかけることが大切だと思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる